2016年05月23日

史実

松本です。

先日、ヤマさんこと、山田隆史氏の芝居を観てきました。永遠の兄貴。私が最も惚れ惚れする芝居をする男です。

最近、私はヤマさんに、宮城谷先生が書いた三國志をもらって読んでいます。
物語というより、あの先生の膨大な知識による、史実にそって「この人はこういう人。こういうことが起きた。」みたいな、解説的な感じに話が語られている。ものすごいマニアック。
もう、ビックリすることが多い。嘘でしょ?ってことも、でも確かにそうかもと納得してしまう。

色々驚いたが、マニアックなとこは避けといて、赤壁の戦い。レッドクリフなんて映画にもなりましたが、あれは、後世の人が面白くなるように書き換えたもの。実際は、魏と呉の戦いで、劉備は周瑜に信用されず、なんと、戦いに参加させてもらえず、見てただけ。

ビックリ。

でも確かにそうだ。諸葛亮なんて、当時全くの無名な男に、誰が国の存亡を賭けた戦いで信用するだろうか。劉備のそれまでの行いを見たら、信用してもらえないのは確かに納得。

いやぁ、驚いた。


なんて話とか、語り合って、短いけど、とても楽しい一時を過ごしました。
posted by hotchkiss at 14:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 松本理史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。