2009年10月21日

【いらない里 特別インタビュー】その5 玉置玲央

091017_1827~0001.jpg

いらない里、公演に向けて
キャストの独占インタビュー!第五弾は玉置玲央!

−− 橋本さんからご指名です。
    劇団「柿喰う客」から玉置玲央くん。いろいろ聞いちゃいますよ。
玉置 なんだろ、ちょっと緊張する。(笑


−− まあまあ、気楽に。二回目のホチキス参戦は、どうですか。
玉置 「変わらない場所」ですね。
    今の時点での思いですけど、誰も変わらず僕を受け入れてくれてるんで。

−− ではさっそく、玲央くんの「いらない」を教えてください。
玉置 『無駄』。


−− その理由も聞かせてください。
玉置 何事も、効率よく過ごしたいんすよ。
    建設的じゃない「無駄」はいらないすね。
    たとえ建設的な「無駄」だったとしても、極力避けたい。


−− なんだろう。玲央くんを見てるとすごくワカル気がします。
    では反対に、「いる」は。
玉置 『愛』。


−− やはり、というか、玲央くんといえば「愛」は外せないですよね。
    そう思っている理由も今日は詳しく聞いちゃいましょうか。
玉置 「愛」がなかったら、絶対ダメなんですよ。
    「尊敬」「感謝」「慈愛」の三本柱は、何をやるにも絶対必要なんです。
    生きるのも、演劇やるのも、人と接するのも。
    はんと、絶対です。
     みんなが愛を持てば、「無駄」もなくなる気がするんすよね。


−− 素敵です。いい言葉をたくさんいただきました。
     いいですね、「愛」。
     では橋本さんからの質問。『玲央くんにとってホチキスとは』。
玉置 ・・・『家』(いえ)。


−− おお、そんな風に思っていただいていたとは。
     理由も聞かせてもらえますか?
玉置 「ホームグラウンド」って意味じゃなくて、「家族」ですね。
     僕は「柿喰う客」に所属してますけど
     どっちがどうというわけじゃ全くなくて。
     「柿」は、「戦場」・・・バトルフィールドな感じがする。
     ホチキスは、日々戦場で負った傷を癒せるところ・・・かな。


−− なにがそう感じさせるんでしょうね。
玉置 ホチキスメンバーが醸し出してる「空気感」だと思いますよ。
     やさしいんですよ。
     そうは言っても、いい作品を創り出すために
     ホチキスが「戦場」になる瞬間はあるけど。


−− なんともありがたいやら恥ずかしいやらで大変です。
     ありがとうございました。
     では、次の人の指名と聞きたいことを。
玉置 それ、質問って個人的なことでもいいんすか?


−− いいですよ。
玉置 村上直子さん。
     僕、直さんと次の現場もご一緒するんすけど、
     『次の現場も僕とやっていけそうですか?』


玉置玲央くん所属劇団「柿喰う客」webサイト
http://kaki-kuu-kyaku.com/


というわけで、次回は村上直子!お楽しみに!

posted by hotchkiss at 02:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 制作局 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。