2015年10月05日

超人

DSC_1865.JPG
通天閣を見に行ったら、真下にロビンマスクがいました。


松本「ば、バカな…!!キン肉マンネメシスにやられて、鳥取砂丘に沈められたはずじゃ!!」

姥貝氏「よく分からんが掘り起こされたんじゃない」

松本「キン肉マン達でも掘り出せなかったのに…。人間恐るべし…」


後で分かったことですが、9月30日まで、新世界でキン肉マンフェアみたいなものをやっていたそうです。つまり終わってばっかり。知らなかった〜(>_<)


今回の新刊でネメシスの過去が語られましたね。シルバーマンが全然出てこない…。

そういえば、休団中の橋本さんが、ロビンマスクのモノマネ上手だったなぁ。


posted by hotchkiss at 14:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 松本理史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大阪の街

DSC_1859.JPG
大阪の街は面白かったです。
とにかく人が多い!!お店が多い!!東京よりずっと多く感じました。
そして土日だからでしょうが、時間も何も関係無い。どこもかしこも飲んで食べてワイワイ賑わっている。

ものすごいお金の動く、賑やかな街だと思いました。見てるだけで楽しい。見るもの全部が美味しそう。

そして地下街が本当に迷宮。でかすぎる(笑)
結局最後まで慣れませんでした。大阪在住の方が、「ダンジョンって呼ばれてるから」って言ってましたけど、本当にトルネコもビックリですよ。


写真は、グリコ様(^^)v
posted by hotchkiss at 13:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 松本理史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

出逢い

DSC_1858.JPG
松本です。

東京に帰って来ました。短かったけど、たくさんの経験をした旅でした。また来年、行くぞぉ〜。


今回大会に参加して驚いたことの1つは、ほとんどの人が常連さん。

「あら久しぶり!!」

なんて、もう至るところで言っていた。今回で7回目になる大会だが、何度も出て、知り合いになっていったのだろう。
私は戦友の姥貝氏と一緒にいたが、予選会場は別のため、何故かアウェイ感を感じて会場に入りました(^^;)

俺も仲良くなれるかなぁなんて思っていたら、やはりそこは落語の世界。楽しくニコニコ話してくれる。ライバル同士だけど、落語が好きな人って不思議な仲間意識みたいなのがあります。
私も姥貝氏も日本酒が大好き。それを知ると、梅田から少し歩いたところにある、全国の色々な日本酒が置いてあるバーに連れていってもらいました(^^)v

着いた初日も、蔵元直送の、美味しくて安い居酒屋を見つけたのですが、大阪に来て、良い日本酒をたくさん飲むことが出来ました。

散々飲み食いしてゲラゲラおしゃべりをして、楽しい時間を過ごしたのですが、不思議なものです。帰る直前に男性の一人が、

「そういえばお互い、誰も名前を知らないね(笑)」

当然全員、高座名で出ているわけですが、大会が終わった後、あんなに長い時間を一緒に過ごしていたのに、当たり前のように誰も名乗らない。だけど仲良くなる。これは落語の力?お酒の力?
きっと、お酒の力ですね(^^;)


写真は、「日本酒の酒蔵が作った、日本酒入りのビール」。名前が横文字だったのでよく覚えてませんが、普通のビールより炭酸が強くて、甘口。ビールのジュースという感じ。スルスル飲めて、油断してると危険なお酒です(^^;)
posted by hotchkiss at 13:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 松本理史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新しい風

初めての落語の大会。全国から出場者が集まる。短い時間で1つの話をする難しさ。
色々思いながら今回は出場しました。自分は全く歯が立たないのか?少しは見所はあるのか?

結果落ちた訳ですけど、少しは新しい風を入れることが出来たのかなと思いました。
先に述べた戦い方をして、フラフラで控え室に戻った私を、まるで囲むように、皆さん立ち上がり、ワッ!!と拍手で迎えてくれました。
すごくビックリしました。自分の子供や孫くらいの歳の男が頑張ったことへの称賛か、少しは面白いと思って下さったからなのか。

大会が終わった後も、他の出演者の方や、僕の落語を観たというお客さんから、面白かったとお声をかけて頂きました。
一様に、女性が上手かったと言ってもらえたことに、驚きました。私がやったお話に、年増の女性が出てくるのです。
落語の面白いところですよね。老若男女を一人で演じるのは。久々におっさんもやりましたよ。

悔しい思いをしましたが、ありがたいことも多かった大会でした。

ホチキスの先輩方からも、大会前に激励の言葉を頂きました。とても嬉しかったです。

ありがたさって、後から後から心に染み込んできますね。本当にありがとうございました。
posted by hotchkiss at 10:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 松本理史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

松本スタイル

結果は悔しいものになってしまいましたが、とにかく力の限りやることは出来ました。今の自分と、大会のレベルを知れたことは、次への力になると思って精進します。


今回私は、昔の戦闘スタイルで挑みました。
控え室にいた人達は、さぞ私のことを奇妙に感じたでしょう。


自分の出番の一時間前までは自由時間。どこかで時間をつぶしたり、他の出演者を観たり、稽古したり、皆思い思いに過ごす。

しかし私は、ストレッチを始めた。筋トレを始めた。

そう、私の昔の戦闘スタイルとは、「本番直前まで自分を追い込み、疲れさせ、空腹にし、もうフラフラで倒れそうだけど、生きようとする力で立ち上がり、戦う」というものです。

今回、出番が最後の方で、待ち時間は実に4時間半。時間の使い方に困難を覚えました。そこでこういう戦い方を選んだのは、自分の順番の番号だ。24番。
6年前に、かつて所属していた声優事務所のオーディションの時、私はこの戦い方をした。その時、24番だった。そして私は、24歳だった。その時は受かった。
その半年後、ホチキスに初めて出演した。そう、第24回公演「いらない里」に。
24は、私にとって縁起の良い数字になった。

自分が24番と知って、かつての戦い方を思い出した。熱くなった。

しかし、このやり方は、短い時間に全てを注ぐので、疲労が尋常ではないのだ。高座から降りた時には、フラフラだった。何も残っていなかった。心臓がとてもいたくなった。この戦い方は、もうやめようと思った。
posted by hotchkiss at 10:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 松本理史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

敗者の汗と涙

DSC_1857.JPG
松本です。

更新が途絶えたことでお気づきと思いますが、落語の大会、決勝大会に進出出来ませんでした。悔し〜〜〜!!!!
しかし皆さん、プロ顔負けとはこのことよと思うほどの実力者でした。年季が違う。けど、あの人達に、来年は勝ちたい…!!

あの予選会場に、俺の汗が染み込んでる。あの結果発表した会場に、俺の涙が染み込んでる。来年、拭いに行ってやらぁ!!!!
そして文枝師匠!!来年こそはあなたに観てもらう!!(決勝大会の審査委員長なのである)


文枝師匠「スピ〜。スピ〜。」


松本「ぎょ〜!!寝てる〜!!」


大会が終わったすぐ後、ご自身は鶴瓶師匠と落語会を行うためとか、色々ハードスケジュールなのだろう。決勝進出者発表の前に挨拶をして、そのまま後ろのイスで寝てしまいました(^^;)


でぇ〜い!!見とれよ〜!!
posted by hotchkiss at 09:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 松本理史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。